ワキガで電車に乗るのがつらすぎて、片道50kmをバイク通勤に変えたんだけど

私は30代のワキガ男、ワキバイカーと申します。

毎日通勤で片道1時間くらい電車に乗らないといけないんだけど、これがワキガ臭を撒き散らしてしまうのがまたつらいのなんのって…

何だか悪い事してないのに周りに迷惑をかけるって最悪ですよね 苦笑。

本当に電車内では消えてしまいたいとすら思う。地獄のような毎日は今思い出しただけでも気が変になりそうな気分になります。

  • 恐怖感を押し殺して乗ろうと思うけど、乗ったら乗ったで周りの目がつらすぎる
  • ワキガの鼻をスンスンされたり、臭そうにされるのが本当に申し訳なくてつらい
  • 毎日、改札口やホームまで行くけど、足がすくむ

私はこの生活が社会人になってから約10年間苦しみに苦しみぬきました。

本当、普通に電車に乗れる人ってどんな気持ちなんだろうって、ワキガじゃない人なら考えたこともないだろう、疑問まで持っていました。

最終的に私は、皮弁法によるワキガ手術やワキガクリームなどを併用しまくりながら自分なりにコツを掴み改善しつつあるのですが、

道のりも思った以上に険しく、電車への恐怖感は全く消えずバイク通勤をしています

ワキガで何が一番つらいのか、普通の人には分からない感情

ワキガは自分自身の身体から出る、独特の銀杏や鉛筆の芯のような汗臭さや皮脂臭とはまた違った種類の臭い脇臭を撒き散らして、周りに迷惑とも言える不快感を与えてしまうことです。

デオドラント剤や協力なわきがクリームを駆使して自分なりに目一杯臭いを抑えようと努力しているのに臭ってしまう自分。

電車内など人がたくさん集まる場所はまさに地獄。自分は何も悪いことはしていないし、他人に迷惑なんてかけたくない。でも日常生活はこなさないといけない。

なんだか、自分の存在自体は世間から否定されているかのような、生まれつきの烙印を押されている自分がいるようで本当につらいものです。

僕の場合、自分のワキガ臭があまり分からなかった

僕は自分自身のワキガ臭が分からない時がありました。

もちろん明らかに臭いを感じることもありましたが、脇に鼻を近づけて臭わないと分からないくらいに嗅覚が麻痺していたんだと思います。

これがまたタチが悪いのか、自分で気づくことができるなら何らかの対策ができるもののどの部分が臭うのか分からなかった。右脇なのか左脇なのか、それともただの汗臭さなのか。

電車内で自分が臭っているのかさえ分からない時がある恐怖感がよりつらさを倍増させていました

わきがのにおいは自分でわかる?分からない時があるので専門医に診せるのが良い 私は、軽度〜中度くらいのワキガだったので自分でワキガの匂いが分からないことがありました。 というが気にしすぎて嗅覚がワキガ...

電車に乗れずに欠勤することや、途中下車をして休憩、遅刻することも

ワキガの僕にとって電車は会社に通勤するために必ず通らなければならないか難関となる存在でした。車内で他人に嫌がられる、迷惑をかけることが本当につらい。

特に毎朝、通勤してみんな憂鬱なのに僕のワキガ臭で余計に嫌な気分にさせてしまう

時には間接的にというか、耳元に聞こえるくらいの声で誹謗中傷など受けることもありましたが、本当に涙が止まりませんでした

僕は何も悪いことはしていない。でも何でこんなにも苦しまなければならないのか、普通に電車に乗ることもできないなんて本当にワキガである自分が嫌で嫌で仕方がない。

だからこそ、周りの目線や表情や仕草が余計に気になって迷惑そうにしていたら車内にいることすらできないんです。

だから、僕は電車に乗れずに帰宅、欠勤してしまうこともありましたし、乗ったけど途中でどうしても周囲の目線に耐えきれなくなったときに途中下車をして降りたホームで電車何本分かを乗り過ごすこともありました。

本当に何もしていない自分と、どうしようもない苦痛との葛藤に悩まされ続け電車に乗ることが拷問のようでした。

消毒液で身体中を洗ってから出勤しようかとさえも思ったことがあります。

ファブリーズや重曹をそのまま身体にふりかけた事なんて当たり前です。よく心無い人が冗談で「ファブリーズでもかけとけば?」

って笑いながら言うことがありますが、そんなの朝飯前。ワキガの悩みをなめんなこの野郎。と言いたい。

乗車する前は駅トイレに篭って、新しいシャツに着替えたりデオドラントシートで拭いてからワキガクリームを塗った

とりあえず電車に乗っている間だけでもワキガ臭対策をしないといけない。乗車時間約1時間。何とかこの時間だけでも臭い対策をするために、僕は乗車前に必ず駅のトイレに篭って以下のことで対策していました。

  • ノンアルコールのデオドラントシートで脇や体を拭く
  • 日本製のワキガクリームを脇に塗り込む
  • 汗ばんでいたなら新しいシャツに着替える

とりあえず、以下のことで通勤時間くらいはワキガ対策ができたのでひとまずは過ごしていました。

もちろんとても手間がかかりますし、何よりトイレに篭ってそんなことをしている自分が情けなくて3年程しか続きませんでしたが。。。

塗りすぎた時のデオドラント臭も悪だった

ワキガに効果が見込まれるデオドラント剤や、クリームは世界中で販売されていていますが、中にはデオドラント剤自体に臭いを持つものも多いので注意が必要です。

特にアルコールが含まれた劇的爽快!みたいなメンズデオドラントシートはアルコール臭がしてワキガ臭をミックスされると臭いが倍増するような気がします。

また、ワキガクリームに関してもイスラエル製を始め超強力なアンダーアームクリームなどがたくさん販売されていますが無香料とは言っても、独特の臭いや粉臭さが残りますので、どちらも電車に乗るときはおすすめではないです。

僕の場合は、必ずデオドラントシートはノンアルコールもしくは低刺激なもの。そしてワキガクリームやスプレーに関しては必ず国産のものを使用するようにしました。

国産はやっぱり日本人向けですし、完全に無香料というかほんのりミントのような嫌味のない本当にほんのり微香のものが多いのでおすすめです。

朝は比較的臭いがマシだったけど、帰りは地獄。死にたいとすら思った

夏場など就寝中に汗をかいてワキガ臭が倍増する僕にとって、朝シャワーは欠かせません。

シャワー後はもちろん十分に乾燥させた上で無香料タイプのわきがクリームを薄くスッと塗るのが僕なりの一番臭わず上手に塗るコツです。

この状態で自宅を出てから駅までは走らず焦らずゆっくり歩いて電車に乗ると比較的ワキガ臭を抑えることができ周りに迷惑をかけることもありませんでした。

自分のワキガ臭で周りに迷惑をかけることがない。

これが僕にとってはとても嬉しかったのです。普通の人ならなんとも思わないこんなことに、、、

もちろん、勤務先についてからもこまめにワキガ対策でデオドラントシートやわきがクリームを塗り直したりするもののやはりそれなりに汗をかいたりしますので、夕方にはだんだんとワキガ臭がしてくる。

この状態で乗る、帰宅時の満員電車はまさに地獄だったのです。

仕事で疲れているのにまた、駅の汚いトイレに駆け込んでデオドラントシートで脇を拭いて。シャツも新しいものに着替えて、どう思いますか?最悪ですよこんなの毎日続けば。

そして電車に乗ると、周りの人が嫌〜な顔をして鼻を押さえる。クスクスと笑い声も聞こえる。たまに明らかに聞こえるように「くっさ!」と言うサラリーマンもいました。

疲れている上にこんな仕打ちを受けないといけない。でも電車がないと歩いてなんて帰れない。タクシーも高いから毎日使えない。もう本当に死にそうだった。

電車内ではワキガ 臭を気にすれば気にするほど、脇汗や皮脂汗がダラダラ出てくる

自分のワキガ臭で他人に迷惑をかけている。隣の人に「こいつ脇臭かよ。早くおりてくれね〜かなぁ。クッセーなあ」

なんて思われていると思うともう涙が止まらない。電車に僕には電車にすら乗る資格がないのかと思うとやりきれない思いと、居心地のなさや早く降りないとという思いで脇汗や皮脂汗がダラダラと出てきて、さらに臭くなる

ここまでくるともう悪循環の繰り返し。これを毎日片道1時間我慢するのはたぶん僕には耐えられそうにないな、、、と思っていました

満員電車がつらいので、早朝やラッシュ時間を過ぎた普通電車に乗って帰った。

ある時、満員電車がつらすぎて我慢できなくなった時があって、僕はラッシュ時間を避けるようにしました

普段通勤に使っている電車は、行きが8時台、帰りが19時台の電車でしたがそれを行きを5時台、帰りを21時台にして乗客が少ない時間を狙いました。

そして、いつもは快速電車でしたがさらに人が少ない普通電車に切り替え。と駐停車駅も6駅から18駅に増えて通勤時間も異常なくらいに増えましたが、満員電車に乗る苦痛と比較すると、比べものにならないくらい精神的に楽だったんです。

それでも、満員ではないものの電車内には人は乗っています。

やはりワキガ臭で嫌な顔をされることは変わりなかったところと、もはや電車に恐怖を感じていて閉所恐怖症のような精神的苦痛を感じることもあったため、これはいよいよヤバイと感じ始め結局のところ長くは続きませんでした。

片道50kmだけどバイク通勤にした

ワキガの僕が電車通勤がつらすぎて、最終的に行き着いたのは125ccのスクーターでバイク通勤することでした。

自宅から会社まで50km。時間にして約2時間ほどかかる通勤距離でしたがワキガの僕にとってバイクはまさに救世主でした。バイクであれば誰にも迷惑はかからない。

そして、原付二種なのであまりお金もかからず電車での通勤費用とあまり変わらないくらいで通えるところが大きなメリットでもありました。しかも風を受けながら走っているので、脇の風通し良くって心地かったです。

片道2時間、往復で4時間かかる距離をバイクに毎日乗るのは普通の人にとったらどれだけ面倒な通勤してるの?

と思われるかもしれませんが、私にとっては満員電車に乗ってワキガ臭で他人に迷惑をかけるよりはバイクに乗って自分のペースで通勤できるところが本当に幸せだった

相変わらず通勤時間が2時間かかる。でも満員電車で迷惑をかけずに済む開放感は素晴らしかった

片道2時間をバイク通勤することについては僕が、ワキガ対策で悩みに悩んだ上での最終結果です。

一般の人には多分理解してもらえない内容かと思います。でも同じワキガで苦しんでいる方には是非、こんなバカなことをするヤツもいることを知っていてほしい。

電車通勤の地獄を見ることに比べると通勤時間の長さやバイクに乗る疲れなんて微塵も感じることはありませんでした。

また、天候や季節を通じて感じるバイクは本当に気持ち良いものでした。まさに僕にとっては背中に生えた翼だったのです。